トレジャースポットの広告です。



当ブログにご訪問頂き、
有り難う御座います。


ここの所、おみくじスタンドの記事が無かったので、
どうしょう?

と思っておりましたら、
そう言えば、フェイスブックのニュースフィードで、
(現在、FBは私、個人名のみで、運用しているだけです。)
時々、自動的に、広告を入れられている事が有るのを、
思い出しまして、自分のFBやブログに定期的に、
手動で、広告を出そうと思い、さっそく、
自分のフェイスブックに載せました。

DSCN7268_convert_20160508185826.jpg
おみくじスタンド壱式。

いつも、ブログに記事を載せてから、
「載せました。」記事を、
FBにUPしておりましたが、
今回は、その逆を考えてみました。

おみくじスタンドのおかげで、
今の、トレジャースポットが在って、
おみくじスタンドのおかげで、
今のブログや
ホームページ 
フェイスブック などが
在るのです。

改めて「おみくじスタンド」に、感謝。

DSCN9761_convert_20150804184813.jpg
おみくじスタンド弐式。

DSCN2890_convert_20160814162911.jpg
吉むすび。

一個でも、販売につながると、
有り難いです。


ブログでも広めて頂けたら幸いです。

以下が広告文です。

トレジャースポットの広告です。

みなさま、是非、広めて下さい。

「寺社で、ひいた、おみくじは、
  お家に持ち帰り、大切に、
   保管しましょう。」

※ その理由は、当方HPやブログ、
  「お宝のある場所へ」に
   記載して御座います。

ご覧ください。

「おみくじスタンド」で、検索。

私どもは、おみくじの持ち帰り
 を推進しております。
  
おみくじの保管は、
「おみくじスタンド」
「吉むすび」であります。



スポンサーサイト

おみくじスタンド弐式 製作記 4回目


修正手直しした、弐式説明書。

説明書を作らなくては、前回と同じでは、ちとマズイ・・・。

第一に朱肉押印しておりますので飲用出来ないですよね。
なんですけど・・・。

結論「おみくじスタンド」としてだけ、
お使い下さい!

等と修正し作成します。

DSCN9782_convert_20150804185040.jpg
説明書、スタンドを載せる台紙などの付属品。

ネーミング、前と同じ、おみくじスタンドでも良いのですが、どっちがどっちか
私が判らなくなるので、一応「弐式」としました。

DSCN9786_convert_20150804185102.jpg
こんな感じで。

DSCN9796_convert_20150804185126.jpg
説明書等をひとまとめに。

DSCN9802_convert_20150804185156.jpg
出来ました。

問題はこの後・・・。
個別梱包なんですが・・・。

DSCN9813_convert_20150804185337.jpg
最後、こっからどうしよう・・・。

前回は、ディスプレイケース付きだったので、袋に入れるだけでしたが、
今回は、その保護ケース無し・・・どうしよう・・・。

梱包材の専門店に行ったのですが・・・もろにコストが上がってしまう!

このままでは5~600円でとてもでは無いけど無理!

かなり、悩みました。

DSCN9824_convert_20150804185421.jpg
試行錯誤し・・・。

結果、単純に袋に入れるしか無い!
そう云う結論に至りました。

やっぱり大手メーカーさんは、
凄いですね。

ネーム入り袋に箱、段ボール、しかも多色使い。
かないません。(数もですが…)

DSCN9821_convert_20150804185359.jpg
見てくれも何とか・・・耐えれる?

袋だけなら何とか
ターゲットプライスに納める事が出来る!

上に付けるヘッダーも前回の時、印刷した、
店頭用ポップを使えば何とかなる!

(マイナス100円で、税抜き600円になってしまいましたが・・・。)

ちなみに作成当初の予定販売額は当ブログにも記載したと思いますが、
500円設定をしておりました。
これで、やっと完成です。

DSCN9826_convert_20150714170739.jpg
フィニッシュ。

より、多くの方々におみくじスタンドを手に取って、頂き、
寺社で頂いた、おみくじを、お手元に結び置き、
もっと内容を活用して、

今までより皆さんの
日々の生活や運気が向上します様に・・・。


私どもは、
おみくじの持ち帰りを推進しております。

おみくじの保管は
「おみくじスタンド」「吉むすび」
であります。




おみくじスタンド弐式 製作記 3回目


水洗いし、さっぱり綺麗になりました。

加工した枡を乾燥させている間に、他の仕事をしてっと、
と言う訳で、アルミ棒の整形です。

ほんとはステンレスが良いな~~っと思ってはいるのですが・・・。
アルミ棒は、自分で加工しやすいし、手で曲がりますけど、
それなりに強度も有り、カラーコーティングされたものも有り、
しかも、コストも低い。

今の私には、願ったり、叶ったりと云う事です。

この材料が無かったら「おみくじスタンド」自体、
出来なかったかも・・・。

アルミ製ぐるぐる巻きの棒を真っ直ぐにしながらニッパで大まかにカットし、
2か所を手で治具に当て、90度手曲げをします。

カットした部分の先端の寸法を合わせた後、やすりで滑らかにします。

DSCN9657_convert_20150804184109.jpg
しこしこと、地味な作業。

多分あちこちに付いているであろう粉や汚れを、中性洗剤を使い、
水洗い。

DSCN9765_convert_20150804184848.jpg
整いました。

ダミーおみくじは前回と同じ用紙を使用。
DSCN9769_convert_20150804184913.jpg
ダミーおみくじをカット。

印刷されたA4用紙を裁断して縦に四つ折りし結びます。

DSCN9772_convert_20150804184947.jpg
結び終わった所。

今回は、30位作成しましたのでその分を結び金具に付けます。
この30が無くなる頃、受注発注が出来れば有り難いのですが・・・。

DSCN9806_convert_20150804185223.jpg
枡と合わせます。

DSCN9808_convert_20150804185245.jpg
こんな感じ。

DSCN9810_convert_20150804185308.jpg
こうなりました。

つづく・・・。

私どもは、
おみくじの持ち帰りを推進しております。

おみくじの保管は
「おみくじスタンド」「吉むすび」
であります。




おみくじスタンド弐式 製作記 2 回目


福よ来い。

続いて、今回はコストを極力抑える為に無い頭を使い、考えたのが、
焼印を辞め、前回用意した朱色と黒色の練り朱肉を使えば、
新たに、はんこを用意するだけで、
後は、自分で押印すれば、コストを抑える事が出来る。

万が一の追加にも対応可!
(焼印捨てがたいのですが・・・。)
我ながら、良い発想だと思っているのですが・・・。
ん・・・どうでしょう?

前回印を作成して頂いた白朋堂さんにお願いし、出来上がりもOK!
早速、押印してみます。
「まったく、問題ナーシ!」

DSCN9667_convert_20150804184217.jpg
ちょっと黒くなってしまった所は、ご愛嬌で許してください。

福の印➡➡➡東濃ひのき印➡➡➡当社印の順です。

DSCN9674_convert_20150804184313.jpg
東濃ひのき印。

DSCN9675_convert_20150804184337.jpg
押印するとこんな感じ。

DSCN9681_convert_20150804184442.jpg
当社の朱印押し。

当社印は倭乃奴国宝人(わのなのくにほうじん)と書いて有ります。

何でか・・・私は多少なりとも子供の時から弥生・大和時代が好きで、
特に社会・歴史?の教科書に出てきた福岡県出土とされる、
漢委奴國王印(かんのわのなのこくおういん)の話に
になったものです。
あの卑弥呼の印も日本の何処かに在ると・・・。
出たら、多分、金印だろうな・・・
探しに行きたいものです。

DSCN9684_convert_20150804184502.jpg
倭乃奴国宝人印。

DSCN9685_convert_20150804184526.jpg
こんな感じ・・・レッツ自然乾燥。

当時、福島県の「フタバスズキリュウ」
の話も、子供心にわくわくした物です。
日本でも恐竜の化石が出るんだあー。

最近は福井県の化石が気になりますね。

そんな私、ちなみに、大人になってからも鉱物・化石それから、
土器・石器を探すのも好き、
車も・・・。
(要は宝探しが好き・・・)

そのまま、進化せず大人になった様な、、、
と言う訳で、魏志倭人伝は読んだ事、無いですが、
当方の社名、「トレジャースポット」を、
おみくじスタンドに合う様、
より、日本風に・・・もじって作ったのが、この倭乃奴国宝人印です。

寺社などの建立も、弥生や大和、それ位の時期が始まりでは、ないでしょうか。

其の三種類の印を押印したら、しばらく室内で、自然乾燥させて、
本体はOK!

つづく・・・。

私どもは、おみくじの持ち帰りを推進しております。

おみくじの保管は
「おみくじスタンド」「吉むすび」
であります。


おみくじスタンド弐式 製作記 1回目



今回の「おみくじスタンド」の作成は、ブログも、やってますので、
おみくじスタンド弐式を完成させるまでを、後々UPしようと思い、
所々撮影をしながら、製作して行きました。

それと、今まで寺社や門前町の商店へ伺った折、おみくじスタンドについてもご意見を
頂いており、多かった御意見がやはり、販売価格であります。

実績が無い物を、置く事や1800円の社頭・店頭価格に疑問を
感じておられる様、私は感じました。

だから、「今回はその中の一つでも払拭したい。」
「とにかく、まずコストを下げ、
一人でも多くの寺社参拝に訪れ、
おみくじを引かれる方に、
おみくじスタンドを手に取って頂きたい。」


そして、せっかく引いた、おみくじの内容を時々確認して、
それを、日々の指針とし、
あなたさまの運が、
より良い方向に開けます様に・・・。


その思いが再度、おみくじスタンドを作った、きっかけです。

とりあえず、雑談も交えながら、進んでいきますので、面倒臭がらずに
最後までお付き合い下さればと思います。

DSCN9475_convert_20150604182425.jpg
部材も揃ったし、始めますか。

おみくじスタンドの作成開始は6月中旬位だったでしょうか、
やっと部材が集まり、いよいよ作成スタートん・・・。

春眠中(5月の頭には枡は自宅にあったのよね~~~。)の
東濃ひのき枡・・・の大きさが若干違うのでは・・・、
ちと、大きいかな?

どうも、私が発注時に勘違いしたらしい・・・。

前回の枡は他業者の特注用らしく、今は生産がされて無いとの事で、
発注時に、その説明を聞き洩らしたらしい!

コンスタントに発注掛けてればこんな凡ミスは無いのですが・・・。
枡の発注は約1年半ぶり・・・。
(状況は1年も有れば、変わる物ですね。)

数量も、しれてますし・・・。私もバイト変わったし・・・。

その時貰った伝票は間違えておらず、私の単純ミスでありました。

そんな簡単なミスからスタートしまして、
少し、(数ミリですが)大きなその枡を使い再度、作成開始です。

まずは、枡の穴明けです。

DSCN9604_convert_20150804183952.jpg
黒い印を決めてピンバイスで仮穴開け。

DSCN9605_convert_20150804184013.jpg
今回の数量全てに仮穴が開きました。

位置を決め、ピンバイスでガイド穴を開け、その後ボール盤の
ドリルで2か所15mmの深さで開けます。

DSCN9653_convert_20150804184034.jpg
ボール盤でぶい~~ん。

DSCN9654_convert_20150804184053.jpg
その後、リューターで、開口部を軽く擦ります。

3.5mmの前回使ったドリルはボール盤についたまま・・・。
そのまま使用可ですは。

他に何にも使ってないのかい!
キーボード打ちながら、少し、へこむ私が居ます。

つづく・・・。

おみくじの保管は、
「おみくじスタンド」「吉むすび」
であります。



プロフィール

トレジャースポット

Author:トレジャースポット
私の製作している
個人用おみくじ掛け
「おみくじスタンド」
をからめて趣味や
自分にとっての
トレジャースポット・
パワースポット
なんかをぼちぼち
紹介しています。
FC2ブログへようこそ!

T.S セレクトショップ
トレジャースポット 和心満載のショップ 出来ました。
カテゴリ
いつもお世話になります。
フリーエリア
いつでも里親募集中
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ミニカーブログ
ジオラマ・ガレージを 整備工場や販売店に、 観たてて、 ミニチュア・ラリーカーを、 中心に、ご紹介しています。
Garage Turini セレクト
ガレージ チュリニの 模型・時計など 車関連ホビー商品の ショップ出来ました。
A8.net
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR