真清田神社のおみくじです。


黄色く染まるおみくじ掛けです。(所々白いんですが・・・)

私が今までに行った神社仏閣のおみくじを少しずつではありますが、
ご紹介していくコーナーです。
神社仏閣の本を片手に、私的な解釈や講釈も入るかもしれません。
その点は、ご了承ください。

その、第六回目は、愛知県一宮市の真清田神社です。

おみくじも、今月6月に参拝させて頂いた時に引いたものです。

こちらのおみくじの特色はまず、黄色い、おみくじと言う事です。

DSCN7666_convert_20140617180255.jpg
真清田神社のおみくじの全体像です。 幸せの黄色いおみくじ。

境内のおみくじ掛けが黄色く染まります。

このおみくじ以外にも数種類のおみくじを扱っております。

片面印刷のタイプになります。

構成は5部構成になっており、一番上の部分は神社仏閣の名称が入ります。
まずは上段から
上段から・・・和歌
2段目・・・吉凶判断
3段目・・・全体の運勢
4段目・5段目・・事象別判断

おみくじの判断内容は全体的に判りやすい作りになっている様に思えます。

吉凶判断に一喜一憂せずに、
一通り目を通して自分への
「戒め」「励まし」と思い、
有り難い言葉を受け止めて頂けたらと
思います。


DSCN7667_convert_20140617180335.jpg
上段部の画像です。

DSCN7668_convert_20140617180358.jpg
中段部の画像です。

DSCN7669_convert_20140617180440.jpg
下段部の画像です。

DSCN7670_convert_20140617180515.jpg
上記のおみくじを、おみくじスタンドに結んでみました。

スポンサーサイト

真清田神社さんへ行ってきました。


真清田神社さんへ行ってきました。
(神社名が書いてある石柱は社号標と言うんですね。)

今月(6月)は何社か伺っておりますのでブログが追い着きそうも有りません。
ぼちぼちと言う事で・・・

場所は愛知県一宮市になります。
真清田神社は、一宮市の文字通り、尾張国一之宮になります。

以前私も仕事の関係で、良く一宮市へは行きました。
でも、(聞かれた事は有りませんが、)
もし人に一宮って何って聞かれたとすると、
その答えは、愛知県の一宮市で、繊維関係の会社が多い所、
あと、七夕の祭りをやる所、位です。

神社に関しての説明が出来ません。
(今は多少出来ますが・・・)

じゃー神社の「一之宮」って、話になりますが、
簡単に云うと神社には「格式」なる物が在り、
それを「社格」と言うそうです。

「社格」を持つ神社はそれ相応の歴史が有るそうです。
その「社格」の代表的な呼び方が「一之宮」です。

真清田神社で頂いたしおりに一之宮の記載が有りますが、
あえて、記載はしません。

気になられる方は、
是非、ご自分で足を運んで確かめて下さい。
ネット等で、簡単に調べられるとは思いますが、ご自分で足を運び、
「一之宮」が持つ「格式」を感じて頂けたらと思います。
ちなみに「一之宮」は全国に存在します。

石作りの大鳥居へ向かいます。
DSCN7577_convert_20140611164333.jpg
楼門(ろうもん)と神橋(しんきょう)です。 渡るべからず、

鳥居をくぐると、石作りの反り橋が有り、
石の柱に「神橋不可渡」と在ります。
橋の前に柵が有り当然、渡れません。

その脇を通り、楼門をくぐります。
DSCN7578_convert_20140611164402.jpg
手水舎(ちようずや)です。

手水舎で手・口・柄杓の順に清めます。
DSCN7579_convert_20140611164442.jpg
龍の口から大量の水が流れ出しています。

平日にもかかわらず、この竜の口から出る水量は、有り難さすら感じます。

なかなか、神社に参拝をしに来て手水舎で
何かの像の口から水がどーっと出る姿は
見た事が有りませんでした。

さすが、「格式」の高さを感じざる負えません。

境内に入ると、本殿の他にもう一つ神社を見つけました。
「服織神社」(はとりじんじゃ)とあります。
DSCN7580_convert_20140611164535.jpg
服織神社の社号標と拝殿です。

家に帰ってから調べてみると織物・七夕の神様だそうです。
やはり、せんいの街一宮です。
服織神社の参拝を済ませ、本殿参拝です。
DSCN7583_convert_20140611164608.jpg
真清田神社の拝殿です。

本殿、拝殿は木曽ヒノキを使っているとの事です。
やはり、神社仏閣の建材はひのきなんです!
おみくじスタンドは東濃ひのき製の
枡なんです!


DSCN7585_convert_20140611164639.jpg
社務所の横にそれは有ります。

さて、本殿参拝も済み、気になっていた黄色いおみくじを引きに
社務所へ、例の黄色いおみくじ以外にもいくつかのおみくじが
あります。
DSCN7586_convert_20140611164658.jpg
おみくじにも色々有ります。

DSCN7587_convert_20140611164716.jpg
こどもおみくじと恋みくじです。

こどもおみくじも有るので今度、家族で参拝しょうかと思います。

おみくじが有る所を社務所の方に、ことわってから、撮影させてもらいました。


あとあと、真清田神社さんのHPで境内の地図を見るとまだ見るべき処が、かなり
有りました。少し、心残りです。

おみくじに関しては引いてきましたので、おみくじのカテゴリーでUPします。

協力者現る!



最近おみくじスタンド販売する上で、やって行く事が
また一つ増えました。
簡単に言いますと、協力者が一人増えました。

自分にとって力強い協力者です。

事の始まりは、先月ですが、
知人にネットでプレスリリースを出してみては
と言われ、エアロプレス社でやった所、アクセスは当初40から50でしたが
現状もうすぐ100のアクセス
を頂けそうです。

正直100人位の人にこの記事を
閲覧されているのかぁと思うとそれはそれでうれしく思います。
ただ、

返信はありませんが・・・

プレスリリースの件はこのアクセス数がではなくて、
自分自身がアクセスの確認をする際、「おみくじ」で検索を掛けますが、
そこに、当方と同じコンセプトを持った商品、
「吉むすび」なる物を
見つけました。

最初は気にも留めませんでしたがある日、何気に
その会社のHPを覗いてみると、
物作りに至る経緯と想いが私と良く似ており、
これは、うまく行けば協力し合えるのではと思い、
先方にメールした所、快諾を得られました。

まだ、協力体制の詳細は出来ていませんが、ひとまず、
「一緒にやろう」と云う事になりました。
こちらとしては、取扱いアイテムが一つ増えたので、
単純に喜んでおります。

取扱いアイテム:吉むすび
(紙製のおみくじ入れです。)
商標登録済
ビジネスパートナー:(有) 原地 印刷
横浜市の印刷会社さんです。

4kinds_convert_20140617211407.jpg

トレジャースポットは東海地区の代理店
扱いになります。


また、原地印刷さんの了承を得て、ブログにリンクを張らせて頂く事になりました。
有難うございます。
この場をお借りしまして、今後ともよろしく、お願いいたします。

おみくじスタンドとは、13


印刷したダミーおみくじです。

ダミーおみくじの巻です。

せっかく全ての材料がそろってそれを組んだとしても、コの字金具に
おみくじが結ばれてないと、
「それは何」
と聞かれてしまう事でしょう。

全てのおみくじスタンドのコの字金具に大吉おみくじ
を結んで置く。

それでは、あまり、意味が在りません。

あくまで、購入された方が
おみくじを引いて、
それを、おみくじスタンドに結んで頂いて、
初めて、おみくじスタンドが
完成します。

だから、結ぶ紙は単純なものが良いのですが多少、
品があった方が良いのでは・・・
DSCN7620_convert_20140617175942.jpg
ダミーおみくじ用紙1

思いついたのは、花弁の付いた用紙に商品名をプリントした
ダミーおみくじを結ぶ。

DSCN7622_convert_20140617180029.jpg
ダミーおみくじ用紙2

でも、印刷って高くない?

もうそろそろ、最初から少ない資金が底を尽きます。

そう云えば、漫画冊子を作っている知り合いがいました。

早速、相談です。

用紙バックの花弁柄及び文字入れ、知り合いの使っている
インターネット印刷の会社へ・・・

原画を作り、即発注と全てやって頂きました。感謝です。

印刷代も支払える金額でした。(セーフ!)

しかし知人は、今までの流れを、あれあれと言う間にやってしまいました。
私は、よ~~やりません。改めて、その知人に感心してしまいました。

数日して待ちに待ってた、印刷物が届きました。

早速、紙をカットして縦に4つ折りにして「あれ!」
書体の所に織り目が付いちゃう!

用紙一枚に付き3枚のダミーおみくじが作れる筈が、

その内1枚しか綺麗に折れない!

理由は用紙の位置と書体の位置及び寸法を私が知人に
あいまいに伝えてしまった為です。

完全に私のミスでした。

その代り、説明書の表書きに姿を変えました。

DSCN7623_convert_20140617180103.jpg
上がダミーおみくじで、説明書の表書きにに姿が変わった、ダミーおみくじです。

この知り合い、かつて一緒の会社で営業をしていましたが、
今は、独立して頑張っているようです。
昔は、私よりパソコン苦手だった筈なのに・・・
相当、努力したんだろうなと思います。

努力はした分だけ、後々自分を助けてくれますね。

DSCN7624_convert_20140617180129.jpg
説明書一式です。

DSCN7626_convert_20140617180219.jpg
ダミーおみくじの余白を使って知人が作ってくれた販促用の帯です。

つづく、

お千代保稲荷のおみくじです。


おちょぼさんのおみくじのを引く処の全体像です。

私が今までに行った神社仏閣のおみくじを少しずつではありますが、
ご紹介していくコーナーです。
神社仏閣の本を片手に、私的な解釈や講釈も入るかもしれません。
その点は、ご了承ください。

その、第五回目は、岐阜県海津市のお千代保稲荷です。
DSCN7566_convert_20140611163659.jpg
何やら、おみくじの内容らしき文章が板一面に・・・

それは、鳥居をくぐった右側にあります。
鎖につながれた、細い茶筒の様な容器が4つに
中央に小さい賽銭箱
正面に吉凶が書かれた文面板が建ててあります。

賽銭を入れ、筒の中の棒を引き出します。

DSCN7567_convert_20140611163813.jpg
引き出した棒には”3”の数字が付けられています。

棒には3と在り、その数と上の盤面を見ます。
DSCN7569_convert_20140611163853.jpg
上を見上げると・・・

どうも、引いた数字でおみくじの内容を文面板より判断する物の様です。
DSCN7568_convert_20140611163834.jpg
横からですいません。

その文面によると、3番は吉になります。
おみくじの内容は2部構成で、
上段には吉凶判断書かれ、
その下は、
全体運と事象別判断が
一括で書かれております。


内容はスマートで判りやすいのですが、
やはり、その場で見るのみ、と言うのは、
私みたいな物忘れがちな人には、
せっかく引いたおみくじも、そのご利益にあやかれない様な気がしてしまいます。

私のような方が参拝する際は必ず、カメラを持って参拝して頂きたいと
思います。
(是非、引かれた、おみくじのを撮影して頂いてはと思います。)

出来る事ならば引いた、おみくじは、
紙で持って置きたいです。

吉凶判断に一喜一憂せずに、
一通り目を通して自分への「戒め」「励まし」
と思い、有り難い言葉を受け止めて頂けたらと
思います。


残念ながら、こちらのおみくじは、おみくじスタンドには
結べませんでした。

おちょぼさんへ行ってきました。


おちょぼさんの南口大鳥居です。

おちょぼさんへ行ってきました。

今日は「え~~~っ」のオンパレードです。
常識知らずの若輩者!だわと思いながら見てって下さい。

500DSCN7553_convert_20140611163215.jpg
南口の大鳥居をくぐってすぐの所です。

まずは、参道散策です。色々なお店が有り、ここなら「おみくじスタンド」
一軒は置いてくれそう・・・心はもう、うきうきです。

平日なのに参拝客も多いし、商店も開いてる。

DSCN7558_convert_20140611163347.jpg
おちょぼさんの参道です。

一旦、南口大鳥居へ向かいます。

500DSCN7557_convert_20140611163325.jpg
荷席稲荷の鳥居です。

その途中に荷席稲荷と在ります。まずは参拝してみます。
鳥居をくぐると、拝殿が有り、

500DSCN7556_convert_20140611163237.jpg
荷席稲荷の拝殿です。

その扉に広告のシールの様な物がびっしりくっいております。
不謹慎な!と思いながら近くでよく見ると、・・・

え・・・名刺!その扉には無数の名刺が差し込まれていました。
正直、驚きです。
私も見習って名刺を置いてきました。

さすが、商売の神様と言わざるおえません。

DSCN7560_convert_20140611163422.jpg
おちょぼさんの境内へ向かう鳥居です。

期待を膨らませ、いざおちょぼさんの境内へ、

DSCN7561_convert_20140611163502.jpg
手水舎で手と口を清めます。

DSCN7563_convert_20140611163528.jpg
境内に入った所で映ってないですが、撮影した所の左後ろに例のろうそく台が・・・

境内に入ると正面に「ん・・・」ろうそく台。
とりあえず全体を把握しようと思い、辺りを見渡します。
DSCN7570_convert_20140611164037.jpg
第2の拝殿です。

こちらが本殿で・・・こっちの拝殿は・・・(なんだろう・・・)
人が少ないので、こちらから参って・・・
(ばかめ、こっちが2番目じゃー)

DSCN7571_convert_20140611164111.jpg
本殿です。参拝されている方、写してしまいすいません。

第2の拝殿のお参りを済ませ本殿へ、
「ん・・・」藁に油揚げ、お神酒・・・
(こんなのどこに在るの・・・これ一緒に置くの・・・判らん・・・)

そんな事を考えながら、お参りをしようとしたら、先程、参道でたまたま、
会った知り合いが名刺を片手にお参りをしようとしております。

「ここのお参りは、
名刺も一緒に賽銭箱に入れるの?」


どうも、そうらしい、賽銭箱は賽銭だけを入れる物では・・・
真似をして、賽銭と名刺を投入します。
(間違えている場合はこの場を借りて申し訳ありませんでした。)

本殿参拝を済ませた人が行く方向へ(常連さんの様に)
何気に付いていきます。

DSCN7572_convert_20140611164152.jpg
重軽石です。

本殿横に重軽石と有り、
丸い石が、2つ鎮座しており、説明書きの通りやってみます。

自分が2回目に持ち上げた時に重いか、軽いかを考え、
それが当たれば、願いが叶うようですが・・・
やってみます。

重さは変わりません。

もっと、精進せよ!と言われたような気がします。

先へ進みます。

DSCN7573_convert_20140611164218.jpg
小さい拝殿です。

重軽石の少し奥に、小さい拝殿が有ります。
そこも、由緒も判らぬまま、お参りします。

社務所はここかな?人けが在りません。

授与品は・・・何処・・・変な感じです。

商売の神様だけあって、商店さんに授与品はお任せかな?
そんな複雑な想いを抱えながら
本殿を一回りして先程のろうそく台を覗きます。
中を覗いても、新品のろうそくが在りません。

なんか腑に落ちないまま、来た時とは違う階段を降ります。
そちらにも、手水舎が在り、その前にお店が・・・

「あ~~油揚げ!ここか!」
油揚げとろうそく、50円とあります。
後の祭りですが、購入して本殿に戻り、お供えします。

油揚げを買った時にお店の人に尋ねました。
「こちらで、おみくじと言いますと、そこに在る物だけでしょうか。」
答えは、「そうです。」(え~~~っ)

おみくじが・・・おみくじが売ってない・・・

少々心をへこませながら帰路に付きました。
おみくじに関しては引いてきましたので、おみくじのカテゴリーでUPします。

6月の営業

DSCN7551_convert_20140611173128.jpg
岐阜県海津市のお千代保稲荷の東口大鳥居です。

ここの右側が駐車場で、一回の駐車代は小型車300円です。
ここから参道に商店が立ち並びます。
商売の神様と云う事で、本日ここから「参拝営業」スタート!

今日は、仕事量が少ないせいか、バイトが急遽、お休みです。
バイトで生計を立てている私としては正直、良し悪しですが
こういう時はブログ作成となります。

で、昨日、月一回?の営業回りと云う事で、
岐阜県を少し含む尾張小牧方面へ
行きました。

私の営業スタイルなんですが、「百聞は一見にしかず」で、
まずは、行ってみる!

行ってから考える。タイプです。

そうやって今まで、何かと失敗しております。(少しだけ成功?もしてます。)
成功<失敗こんな感じ。

でも、下調べが大事とは思いますが、事、営業の仕方については
このスタイルを守ってます。

この事業を始めて最初が意外とすんなり話が進んだんで・・・

しかし、今回は(前回もですけど)伺った所で担当者不在が、
かなり有りました。

尚且つ、その他の部分でも「え~~~っ」て事が有りました。

その一つが、この寺社は、何処から入れば
一番良いのかが判りません。

なんの調べもせぬまま、(この方面の有名な神社仏閣はここと、ここだろう。)
移動手段は自家用車で行きますので、思い付きで勝手に車を走らせます。
着いたら適当に駐車場に止めます。

伺った所に駐車場が有るかどうかも知りません。
(無ければ、コインパーキングでいいや、)こんな感じです。

で、神社仏閣で駐車場が有る所は多いのですが、或る場合、
意外と駐車場から直で、
寺社に入れてしまいます。


出来れば、ちゃんとした参拝方法で参拝した後、おみくじスタンドの
話をしたいのですが・・・
駐車場に、参拝案内図なる物が在ると「参拝初心者」
私には、助かります。

気が付くと山門や鳥居をくぐってしまっております。
この場を借りて「すいません。」です。

萬松寺のおみくじです。


萬松寺さんのおみくじの全体像です。

私が今までに行った神社仏閣のおみくじを少しずつではありますが、
ご紹介していくコーナーです。
神社仏閣の本を片手に、私的な解釈や講釈も入るかもしれません。
その点は、ご了承ください。

その、第四回目は、愛知県名古屋市中区の萬松寺です。

先程、萬松寺さんにブログ掲載の了承を頂いた旨の事を記載しましたので、
前回、伺った時に引かせて頂いたおみくじをUPします。

500DSCN7480_convert_20140603181935.jpg
上段部の画像です。

こちらのおみくじは、片面印刷のタイプになります。
構成は3部構成になっており、まずは上段から
上段から・・・吉凶判断
2段目・・・全体の運勢
3段目・・・事象別判断

吉凶判断の下に身代わり不動明王?の絵が入り
(すいません。確認を忘れました。)
おみくじ下部に神社仏閣の名称が入ります。

以前にこちらの住職の方にお伺いした所、ここで引かれる
おみくじは吉の割合が低いと仰ってました。
ここで、厄を落としてお帰り頂きたいと、
お聞きした記憶があります。

住職さんの参拝者に対しての想いが、伝わってきます。
それと同時に、神社仏閣によって、おみくじに対する考え
様々有る様に思えます。

そう云う想いも、ここで、伝えられたらと思う
今日この頃です。

500DSCN7481_convert_20140603182016.jpg
中段部の画像です。

500DSCN7482_convert_20140603182048.jpg
下段部の画像です。

おみくじの内容は私でも理解しやすく、
判断内容部も判りやすい内容となっております。
私もまだまだ、精進しなあきません。

吉凶判断に一喜一憂せずに、
一通り目を通して自分への「戒め」「励まし」
と思い、有り難い言葉を受け止めて頂けたらと思います。

500DSCN7483_convert_20140603182347.jpg

上記のおみくじを、おみくじスタンドに結んでみました。

おみくじスタンドとは、12


ひのき枡に取り付けるこの字金具です。

コの字金具の巻

この金具がおみくじスタンドを作成する上で一番悩みました。
前にも書きましたが当初はステンレス製で・・・
でも、コスト・ロットなどが全く合いません。
やはり、オリジナルの寸法で初回100個のロットでは、金具類は厳しいか、
せめて1,000個以上はないと・・・

じゃーどうする?素材を変えるしかなさそうです。
針金だと後々、錆びたり変色しそうです。
竹とかどう?
やってみました。

水を付けながら竹ひごを曲げ・・・曲がる前に折れます。
はんだごてで・・・曲がる前に焦げます。折れます。

時間も掛かります。無理・・・
竹ひごを曲げずに、少し太い角材を加工して・・・
おみくじが、上手く結んだ状態でディスプレイできません。
思ったより強度もありません。
駄目です。

もう、こうなったら最初のサンプルで作ったアルミ棒で・・・
これでやるしかない。

500DSCN7295_convert_20140603181615.jpg
初回ロットのアルミ製金具たち。

色も選択できるし・・・まず、初回はシャンパンゴールドで・・・
やってみますと、なんとか、しっくり来ました。

強度もステンレスや針金より弱いけど何とか、いけそうです。
3mmのアルミワイヤー
これで決定です。

500DSCN7306_convert_20140603181635.jpg
この金具にダミーおみくじを付ければOK。

つづく

シンプルイズベスト


プラのディスプレイケースにレンガシートを貼っただけです。

こんなシートを貼っただけでも、十分なジオラマになるのでは
ないでしょうか?

背景がつくともっと雰囲気がでるのではないでしょうか?
単純と複雑どちらも一長一短ありますが、私が思うには、
シンプルイズベストです。

500DSCN7380_convert_20140525161014.jpg
前からの画像です。

作り出すとああしたい、こうしたいとなって、最終的にごちゃごちゃして
かえって、中途半端な作りになって途中で中止になったり、変なものが
出来たり、そんな時にシンプルで良い!シンプルな方が良いと
自分に言い聞かせたりします。

ちなみに、ミニカーは京商さんの1/64ハイエースとCM‘sさんのストラトスです。

500DSCN7381_convert_20140525161042.jpg
後ろからの画像です。ビブが好き!

感じ的には、ショップのイベント?または、今からゼッケン貼ろうか?
フィギアがあるとその辺の雰囲気も出るんだろうな。

500DSCN7382_convert_20140525161106.jpg
上からの画像です。

1/64のフィギュアが欲しい。(前にも書いたっけ、)
1/64のテントが欲しい。(無い物は作りなさい。)
3Dプリンタが欲しい。(もっと働きなさい。)
全て、自分に対しての言葉です。
プロフィール

トレジャースポット

Author:トレジャースポット
私の製作している
個人用おみくじ掛け
「おみくじスタンド」
をからめて趣味や
自分にとっての
トレジャースポット・
パワースポット
なんかをぼちぼち
紹介しています。
FC2ブログへようこそ!

T.S セレクトショップ
トレジャースポット 和心満載のショップ 出来ました。
カテゴリ
いつもお世話になります。
フリーエリア
いつでも里親募集中
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ミニカーブログ
ジオラマ・ガレージを 整備工場や販売店に、 観たてて、 ミニチュア・ラリーカーを、 中心に、ご紹介しています。
Garage Turini セレクト
ガレージ チュリニの 模型・時計など 車関連ホビー商品の ショップ出来ました。
A8.net
Pitta!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR