うちのまるちゃん パート6


こちらはずーと住み着いてるかもさん。

ブログの自己紹介欄にUPした黒柴ですが、
この犬、うちの家族の「まる」です。(3才♂)
せっかく画像UPしたので、そのまるちゃんの日々の生活の一部も
UPしてしまえ!
で、その6回目です。

久しぶりにデジカメ持って、まるちゃんと散歩です。

この間までもう秋ですねと言っていて、もうですかね、
寒くなってきました。
公園の池ではかもの数が最近、増えてきました。

しかし、またまた、当のまるちゃん相変わらずそう言う事には
我関せずです。
散歩行くぞ、行くぞ!って感じです。

DSCN8116_convert_20141120184716.jpg
外に出てカメラを向けるとそっぽを向き、なかなかカメラ目線
で撮らせてくれません。
なので・・・

DSCN8117_convert_20141120184731.jpg
ん・・・
DSCN8120_convert_20141120184748.jpg
休憩無で行くぞ!
DSCN8200_convert_20141120184806.jpg
まともに撮れない
DSCN8204_convert_20141120184824.jpg
追いつめても・・・

家を出る時に玄関で奴を追いつめて
カメラ目線で今日は撮ってやる。
こいつだけでは弱いか?と思って、
たぬきの置物も一緒に・・・(結構可愛いと思いますが・・・)

かなり家を出るまで時間が掛かったのは言う間でもありません。
(結局、カメラ目線で撮れてない。)
池にいるカモさんの方が意外と聞き分けが良いカモ!
おあとが、よろしいようで・・・
スポンサーサイト

トレジャースポットのジオラマ試作開始! 5 (山岳部)


プラケース底に木工用ボンドを塗り、加工したコルクボードを接着します。

前々からジオラマを作りたいと思っていましたが
なかなか材料を仕入れる前に好きなミニカーが有ったり、諸事情が有ったりで、
思う様に材料が集まりません。

作るジオラマのイメージも漠然としてましたし・・・・・
でも、作りたい!もういいや!今ある物で作っちゃえと云う事で、

ミニチュア企画・製作の
トレジャースポットとして
試作を兼ねてやってみました。

在る物はラック底板の代わりに使っていた
コルクボードの切れ端(余り)
情景模型用芝生、木工用ボンド、鉄道模型用樹木・ライケン、カラーパウダー
若干の水性塗料などなどです。

さて、いざ、製作開始です。とりあえず、4部作でやってみよう!
試作最後の4作目として憧れのモンテカルロ!
ターマックの山岳部を疾走しているシーン
をイメージして作成開始!

全体を通して
縮尺は1/64にします。其の方が省スペースだし
大味に作れると思ったのと後々ミニカーを
ウェザリングなどを施したり、ジオラマ・車両双方に追加加工をして
失敗して心が折れても立ち直れそうなので・・・
1/43では中々そんな訳には・・・
さて、作成です。

DSCN8152_convert_20141120174956.jpg
DSCN8154_convert_20141120175012.jpg
ディスプレイケースのサイズを合わせたコルクボードを切り出し、
その上に段差を付ける為コルクの切れ端を付け高さを出します。
今回はディスプレイケースの底部はひな壇になっています。

DSCN8156_convert_20141120175037.jpg
路面の下側は1/35ミリタリー用レンガセットが有ったので使ってみます。

DSCN8168_convert_20141120175108.jpg
背面は岩の壁を表現したいので、コルク板を2枚重ねて
凹凸をカッターなどで削り、形成してみます。

DSCN8170_convert_20141120175130.jpg
岩壁の塗装です。
削った所に水性塗料のダークグレイを塗ります。
表面はライトグレイにて塗装。

DSCN8177_convert_20141120175158.jpg
レンガを貼り付け、土台の全体を大まかに塗ります。

DSCN8178_convert_20141120175220.jpg
舗装面の表現はサンドペーパーを使いましたが、また後で
その意味が無くなってます。
路面を接着し壁面を合わせます。
ちょうど、ドールハウス用の素焼きレンガが何故か有ったのでレンガ塀との
隙間合わせに使ってみます。
一番下の段は茶のカラーパウダーを薄めた木工用ボンドに混ぜ塗ります。

DSCN8183_convert_20141120175238.jpg
レンガ塀を石壁にしたいのでまず、ダークグレイで着色します。

DSCN8187_convert_20141120175259.jpg
石壁に今度はライトグレイを塗り、路面の色が気に入らないので、
ブルーグレイや白を塗り、試行錯誤しています。

DSCN8188_convert_20141120175316.jpg
路面に柵が無いので、これまたドールハウス用の素焼きレンガの厚みが
有るやつを間隔を開けて置きます。
やっぱり路面が気に入らないので、カラーパウダーを引き直し
着色する事にしました。

DSCN8192_convert_20141120175336.jpg
壁面石壁に薄めたダークグレイで汚しを施します。
下段にライケンとスポンジを付けます。
全体に乾いたら、路面に汚しを入れます。

DSCN8227_convert_20141120175355.jpg
完成です。(これが一番、時間が掛かりました。)

DSCN8228_convert_20141120175418.jpg
ミニカーはCM'sさんのランチア037ラリーをチョイス。
DSCN8229_convert_20141120175438.jpg
元々のディスプレイ台に置いて飾るより雰囲気が出ているのでは・・・
みなさんも一考してみては・・・

トレジャースポットのジオラマ試作開始! 4 (林道グラベル)

DSCN8126_convert_20141120182733.jpg
コルク板に木工用ボンドで・・・作業開始!

前々からジオラマを作りたいと思っていましたが中々材料を仕入れる前に
好きなミニカーが有ったり、諸事情が有ったりで、思う様に材料が集まりません。
作るジオラマのイメージも漠然としてましたし・・・・・
でも、作りたい!もういいや!今ある物で作っちゃえと云う事で、

ミニチュア企画・製作の
トレジャースポット
として試作を兼ねてやってみました。

在る物はラック底板の代わりに使っていたコルクボードの切れ端(余り)
情景模型用芝生、木工用ボンド、鉄道模型用樹木・ライケン、カラーパウダー
若干の水性塗料などなどです。

さて、いざ、製作開始です。とりあえず、4部作でやってみよう!
3作目として
グラベルの林道を疾走しているシーン
恰好付けで(ポルトガル・スペインイメージでしょうか?)
をイメージして作成開始!

全体を通して
縮尺は1/64にします。其の方が省スペースだし、
大味に作れると思ったのと後々ミニカーを
ウェザリングなどを施したり、ジオラマ・車両双方に追加加工をして
失敗しても立ち直れそうなので・・・
1/43では中々そんな訳には・・・

DSCN8137_convert_20141120182751.jpg
ディスプレイケースのサイズを合わせたコルクボードを切り出し、
その上に段差を付ける為コルクの切れ端を付け高さを出します。
(段差をカッターナイフややすりで滑らかにしておきます。)

DSCN8140_convert_20141120182807.jpg
たまに、ミニカーを置いて全体の幅や高さのイメージ調整をします。

高台の方に鉄道模型用の木をコルク台にピンバイスを使い、穴を開け、差し込みます。
差し込んだ穴には木工用ボンドを塗って固定しますが穴を開けた時に出たコルク片を
もったいないので、上に蒔きました。

DSCN8162_convert_20141120182844.jpg
プラケース底に木工用ボンドを塗り、加工したコルクボードを接着します。
水性塗料の土台色としてダークグレイやベージュを全体に塗ります。
少し、樹木の根元を薄めた塗料を使いぼかしを入れてみます。(初体験)
DSCN8173_convert_20141120182901.jpg
DSCN8176_convert_20141120182920.jpg
路面は鉄道模型用バラストを蒔きます。
.DSCN8181_convert_20141120182945.jpg
前回のミスを踏まえつつ河砂、緑とベージュのカラーパウダーを塗り、
草花を植えます。
DSCN8189_convert_20141120183038.jpg
背部の土手に少々ライケンを引き、土手と樹木にスポンジを付けます。
DSCN8195_convert_20141120183118.jpg
完成です。

DSCN8240_convert_20141120183146.jpg
ミニカーはCM’sさんのシトロエンクサラを使用してます。
DSCN8241_convert_20141120183206.jpg
DSCN8242_convert_20141120183225.jpg

元々のディスプレイ台に置いて飾るより雰囲気が出ているのでは・・・
みなさんも一考してみては・・・

伊奴神社さんに行ってきました。


伊奴神社さんの鳥居です。

今回は、伊奴神社さんへ行ってきました。
場所は愛知県名古屋市西区になります。

DSCN8016_convert_20141013152348.jpg
参拝図。

DSCN8019_convert_20141013152417.jpg
手水舎1

DSCN8023_convert_20141013152550.jpg
手水舎2

以前名古屋市内の寺社を調べておりました処、
神社名の「伊奴」と犬の石像に犬の置物に入ったおみくじに
魅かれて参拝する機会を作りたいと思ってました。
(これは我が家族の一員となった、まるちゃんの健康祈願もしなくては・・・)

DSCN8012_convert_20141013152133.jpg
拝殿です。

で、伺ったのですが、社名由来となっている
伊奴姫神(いぬひめのかみ)は、
子授け・安産・夫婦円満・家内安全などの
御神徳をお授けくださる神様でした。

DSCN8015_convert_20141013152315.jpg
拝殿と絵馬殿です。

でも、ご心配なく、こちらの境内には樹齢八百年になる
椎の木の御神木を祀る白龍社が在り、
そのご神徳は、長寿健康・心願成就・金運招来です。

DSCN8025_convert_20141013152607.jpg
白龍社のご神木です。

DSCN8030_convert_20141013152637.jpg
白龍社です。

DSCN8035_convert_20141013152700.jpg
こちらの御神木も立派ですが、本殿の裏に在る巨木も良いです。

その神社仏閣をじっくり参拝する。そして知る。って言うのが
抜けている様に感じました。
考え直さないと・・・やはり素人ですは、
と言う様な文を掲載しておりましたが、
また考えさせられました。

まずは、1度、参拝をしてどういう処なのか知ることも必要と
思いました。


うちのまるちゃん パート5



ブログの自己紹介欄にUPした黒柴ですが、
この犬、うちの家族の「まる」です。(3才♂)
せっかく画像UPしたので、そのまるちゃんの日々の生活の一部も
UPしてしまえ!
で、その5回目です。

DSCN8071_convert_20141120183558.jpg
DSCN8072_convert_20141120183621.jpg

いつもの、まるちゃんはと云うと、おやつの時は飛んできますが、
それ以外は適当に場所を決めて、寝てるか、くつろいでいます。

遊んでいる時は狭い家の中を全開で走りまくり、気がすんだら
水飲んで、適当な所で、グタァッ~~~としています。
DSCN8073_convert_20141120183646.jpg
DSCN8076_convert_20141120183704.jpg

で、一人(一匹)にしといてくれ!と云う時は、椅子の下にいます。
ちょっかいを掛けるといっちょまえに「ウ~~っ」て言いよります。
あ~~感じ悪・・・

トレジャースポットのジオラマ試作開始! 3 (林道ターマック)


ジオラマ製作にいろいろ使えます木工用ボンド。

前々からジオラマを作りたいと思っていましたが中々材料を仕入れる前に
好きなミニカーが有ったり、諸事情が有ったりで、思う様に材料が集まりません。
作るジオラマのイメージも漠然としてましたし・・・・・
でも、作りたい!もういいや!今ある物で作っちゃえと云う事で、

ミニチュア企画・製作の
トレジャースポット
として試作をかねてやってみました。

在る物はラック底板の代わりに使っていたコルクボードの切れ端(余り)
情景模型用芝生、木工用ボンド、鉄道模型用樹木・ライケン、カラーパウダー
若干の水性塗料などなどです。

さて、いざ、製作開始です。とりあえず、4部作でやってみよう!
2作目としてターマックの林道を疾走しているシーン
恰好付けで(日本の林道でしょうか?)
をイメージして作成開始!

全体を通して
縮尺は1/64にします。
其の方が省スペースだし大味に作れると思ったのと後々ミニカーを
ウェザリングなどを施したり、ジオラマ・車両双方に追加加工をして
失敗して心が折れても立ち直れそうなので・・・
1/43では中々そんな訳には・・・

ディスプレイケースのサイズを合わせたコルクボードを切り出し、
その上に段差を付ける為コルクの切れ端を付け高さを出します。

DSCN8128_convert_20141120181127.jpg

舗装面の表現はサンドペーパーを今回使いました。
色が今一なので、この間覚えたぼかしを使い、色をよりイメージに近い色にしました。
あくまで、自己満足ですが・・・

DSCN8129_convert_20141120181145.jpg
高台の方に鉄道模型用の木をコルク台にピンバイスを使い、穴を開け、差し込みます。
差し込んだ穴には木工用ボンドを塗って固定しますが穴を開けた時に出たコルク片を
もったいないので、上に蒔きました。

DSCN8130_convert_20141120181212.jpg

今回、道路の痛い側溝も作りたかったので、
側溝の一部を覆う蓋?もプラバンで、表現してみましたが・・・(今一かな?)

DSCN8132_convert_20141120181235.jpg
DSCN8141_convert_20141120181255.jpg
たまに、ミニカーを置いて全体の幅や高さのイメージ調整をします。

DSCN8164_convert_20141120181320.jpg
水性塗料の土台色として大まかにダークグレイやベージュ等を全体に塗ります。
少し、樹木の根元や路面を薄めた塗料を使いぼかしを入れてみます。

DSCN8171_convert_20141120181340.jpg
プラケース底に木工用ボンドを塗り、加工したコルクボードを接着します。

路面に砂や枯葉が落ちているイメージで川砂やカラーパウダーを
走行ライン以外の所に薄く散らします。

DSCN8180_convert_20141120181403.jpg
側面のコンクリートをイメージした壁面もパウダーを散らします。

背部の土手に少々ライケンを引き、土手と樹木にスポンジを付けます。
壁面のコンクリートには水性塗料で汚れのぼかしを入れます。

DSCN8194_convert_20141120181421.jpg
完成です。

DSCN8237_convert_20141120181440.jpg
ミニカーはCM'sさんのインプレッサ、ラリージャパンをチョイスです。
DSCN8238_convert_20141120181501.jpg
DSCN8239_convert_20141120181521.jpg
元々のディスプレイ台に置いて飾るより雰囲気が出ているのでは・・・
みなさんも一考してみては・・・


城山八幡宮のおみくじです。


社務所の所にある、男女みくじ。

私が今までに行った神社仏閣のおみくじを少しずつではありますが、
ご紹介していくコーナーです。
神社仏閣の本を片手に、私的な解釈や講釈も入るかもしれません。
その点は、ご了承ください。

DSCN7971_convert_20141013154540.jpg
おみくじや絵馬が結ばれています。

その、第十五回目は、
愛知県名古屋市千種区
城山八幡宮です。


DSCN8269_convert_20141120193031.jpg
男女みくじ。

こちらには前々から参拝したいと思っており、その理由が
おみくじです。

DSCN8270_convert_20141120193049.jpg
結びを開くとこんな感じです。

DSCN8271_convert_20141120193105.jpg
城山八幡宮のおみくじの全体像です。

おみくじスタンドを買って頂いた方が、こちらのおみくじを
参拝時に頂き、おみくじスタンドに結んで頂きましたが、
少し大きくてちょっとおみくじが、ぎこちなさそうでしたので、
気になっていました。

実際、私が引いてどう結んだ方が良いか、実証して見たかったのです。

こちらのおみくじの特色はまず、
おみくじ自体が金色で、男女に分かれている事です。
(表側に男・女と書かれています。)
尚且つ、最初から結ばれています。

そのまま、おみくじスタンドに普通に結ぶと男の文字が逆さになってしまい、
ここはやはり、六つ折にして頂きスタンドに結んで頂いた方が良さそうです。
それと、おみくじの中にしあわせを招く一言守と言う物が入っています。

私のは、と云う字で、かみさんが、と云う字でした。
こちらのお守りは財布などに入れて置くと良いそうです。

DSCN8272_convert_20141120193128.jpg
上段部の画像です。

DSCN8273_convert_20141120193158.jpg
下段部の画像です。

さて、おみくじの内容はと云うと、

裏側の構成は上下三段の4部構成になっており、まずは上段から
上一段・・・吉凶判断
上二段・・・(神様の)言葉と全体の運勢
下段・・・事象別判断


判断内容は、簡潔で判りやすいです。
全体的に男女で分かれている感は有りますが、
はっきり分かれている部分は
事象別判断に在ります。


男みくじは、仕事に始まり、金運・愛情・家庭・対人・勝負・
健康・趣味・買い物になり、
女みくじは、恋愛に始まり、家庭・対人・旅行・金運・美容・健康・
ファッション・買い物の順になっています。

DSCN8274_convert_20141120193222.jpg
男みくじと一言守です。

吉凶判断に一喜一憂せずに、
一通り目を通して自分への
「戒め」「励まし」と思い、
有り難い言葉を受け止めて
頂けたらと思います。


DSCN8275_convert_20141120193244.jpg
上記のおみくじを、おみくじスタンドに結んでみました。

上野天満宮さんに行ってきました。


上野天満宮さんの社号標です。

今回は、上野天満宮さんへ行ってきました。

場所は愛知県名古屋市千種区になります。

こちらの天満宮は愛知県名古屋市の三大天神と言われております。

DSCN7959_convert_20141013154221.jpg
上野天満宮さんの拝殿です。

DSCN7965_convert_20141013154334.jpg
手水舎です。

前回の山田天満宮さんと・・・あとは・・・
もう一か所在るんですよね。名古屋三大ですから・・・
後一箇所の所在は、名古屋市中区の桜天神なんです。

出来れば桜天神にも行けたらと思い、詳細を調べましたら、
最近、仕事で或る神社の前を良く通りますが、どうやらそこらしい事が判り、
一先ず、かみさんの試験前に参拝とおみくじを引いて来ました。

撮影はしておりませんが、次回参拝後にご紹介させて頂こうと
思っております。

天満宮と云えば、お祀りされているのは学問の神様で知られる、
御存じ、菅原道真公です。

これも、御縁かもしれませんが、家のかみさんが今月ある試験を受けると
云う事も有り、ここは是非、願懸けをさせて頂かなくてはとも
思っておりました。(願懸けすぎかも・・・)

鳥居をくぐると、敷地内は全体的にすっきりとした感じがします。
他には瓢箪奉納所と言う所が在り、
封じの為、こちらではひょうたんを奉納する様です。

DSCN7963_convert_20141013154310.jpg
瓢箪奉納所です。

こちらでも、牛さんがいます。

DSCN7961_convert_20141013154244.jpg
うしさん。何やら足元に・・・

よく見ると、牛さんの足元になにやら可愛い人形が・・・
三体も・・・ここに飾る物・・・
少し不思議な感じを残したまま、参拝します。

後に、社務所でその人形の正体が判りました。
その人形は、「おみくじが入った人形」でありました。
参拝者がおみくじを引いてから牛さんの足元に飾ったのでしょう。


天満宮と牛さん、どうもかなり親密なご関係の様で、少し
調べて観たくなりました。

上野天満宮さんのHPに在りました。
それによると、どうも福岡県の太宰府天満宮さんと関係が有る様で
牛さんは道真公の使いの説や天神さんの乗っているのも牛さんと言う説
が有るそうです。(詳しくは、上野天満宮さんのHPを御覧下さい。)

上野天満宮さんでは、おみくじも色々ありました。
また、おみくじの所でご紹介します。

トレジャースポットのジオラマ試作開始! 2 (牧草地)


形成したコルクボード。

前々からジオラマを作りたいと思っていましたが中々材料を仕入れる前に
好きなミニカーが有ったり、諸事情が有ったりで、思う様に材料が集まりません。
作るジオラマのイメージも漠然としてましたし・・・・・
でも、作りたい!もういいや!今ある物で作っちゃえと云う事で、

ミニチュア企画・製作のトレジャースポットとして試作をかねてやってみました。

在る物はラック底板の代わりに使っていたコルクボードの切れ端(余り)
情景模型用芝生、木工用ボンド、鉄道模型用樹木・ライケン、カラーパウダー
若干の水性塗料などなどです。

さて、いざ、製作開始です。とりあえず、4部作でやってみよう!
まず、1作目として
ニュージーランドの牧場地(草原)を疾走しているシーン
をイメージして作成開始!

全体を通して
縮尺は1/64にします。
其の方が省スペースだし大味に作れると思ったのと後々ミニカーを
ウェザリングなどを施したり、ジオラマ・車両双方に追加加工をして
失敗しても立ち直れそうなので・・・
1/43では中々そんな訳には・・・

プラケース底に木工用ボンドを塗ります。

サイズを合わせたコルクボードを貼り、その上に段差を付ける為コルクの切れ端を
付け高さを出します。(段差をカッターナイフややすりで滑らかにしておきます。)

DSCN8160_convert_20141120174614.jpg
シート貼りました。

その上に情景模型の芝生シートを貼ります。(最終的に必要無いかも・・・)

水性塗料のベージュが有ったので土台色として全体に塗ります。

DSCN8172_convert_20141120174632.jpg
ベージュ塗りました。

鉄道模型用の樹木を付けたいので位置決めをし、コルクにピンバイス等で穴を開けます。
ついでに、岩も1個付けたいので置く位置を削ります。

DSCN8175_convert_20141120174652.jpg
樹木、岩設置及びバラスト蒔きました。

鉄道模型用バラストを敷いてみます。(こんな感じかな?)
(薄めた木工用ボンドにバラストを混ぜ混ぜして筆で塗る感じです。)
何か白過ぎるかな、細かい川砂を同じように敷きます。
乾くのに時間が掛かる掛かる・・・

DSCN8191_convert_20141120174715.jpg
芝生シートがぁ・・・

砂の敷き過ぎで路面の高さが出てしまいましたので、緑とベージュのカラーパウダーを
使い、それぞれ高さを調整します。
(芝生シートが・・・意味が無い!)
また乾き待ち・・・

DSCN8193_convert_20141120174739.jpg
乾いたら出来上がり。

枯れ木に緑スポンジをちぎって付けて(繰り返し)これも地味に時間が掛かる。

とりあえず完成、後、柵とかを付ければもっと良いかな・・・

DSCN8234_convert_20141120174800.jpg
DSCN8235_convert_20141120174834.jpg
DSCN8236_convert_20141120174851.jpg
CM'sさんの205セリカ置いてみました。

元々のディスプレイ台に置いて飾るより雰囲気が出ているのでは・・・
みなさんも一考してみては・・・

トレジャースポットのジオラマ試作開始! 1


ジオラマ材料の一部です。

前々からジオラマを作りたいと思っていましたが中々材料を
仕入れる前に好きなミニカーが有ったり、諸事情が有ったりで、
思う様に材料が集まりません。

作るジオラマのイメージも漠然としてましたし・・・・・
でも、作りたい!もういいや!今ある物で作っちゃえと云う事で、

ミニチュア企画・製作
のトレジャースポットとして試作を兼ねてやってみました。

DSCN8159_convert_20141120175546.jpg
情景模型用芝生

在る物はラック底板の代わりに使っていたコルクボードの切れ端(余り)
情景模型用芝生、木工用ボンド、鉄道模型用樹木・ライケン、カラーパウダー
若干の水性塗料などなどです。

DSCN8148_convert_20141120175525.jpg
コルクボード

DSCN8174_convert_20141120175611.jpg
鉄道模型用バラスト(砂)

ベースはスチレンボードなどが良いようですが、使ったことないので、
今一つ考えきれませんでした。うまいこと行ったら次は使ってみよう。

さて、いざ、製作開始です。とりあえず、4部作でやってみよう!

その前に先程の情景パーツの芝生をコルクに貼っただけって云うのが欲しかったので
作ります。
以前ブログで紹介した戦車ジオラマの奴です。

メーカーのグラベルテスト途中でのサービス(車両チェック)と云った所をイメージ
しました。(テントや人物、ジャッキなどを付けたい所ですが・・・ないので・・・)

まず、プラケースの土台に木工用ボンドで接着します。
そこへ、サイズを合わせたコルクボードをくっけます。
そのコルクの上に、これまたサイズを合わせた芝生シートをくっけて
出来上がり。簡単!

DSCN8179_convert_20141120175648.jpg
草地のジオラマ完成!

最後にテストカーを2台乗っけてジオラマ完成!(テストカーが無い!)
今回は京商さんの1/64のインプレッサ2台を代用します。
DSCN8184_convert_20141120175713.jpg
DSCN8185_convert_20141120175736.jpg
DSCN8186_convert_20141120175753.jpg
画像が、多少ボケてますが、・・・ご勘弁を。

これだけでも元々のディスプレイ台に置いて飾るより雰囲気が出ているのでは・・・
みなさんも一考してみては・・・

プロフィール

トレジャースポット

Author:トレジャースポット
私の製作している
個人用おみくじ掛け
「おみくじスタンド」
をからめて趣味や
自分にとっての
トレジャースポット・
パワースポット
なんかをぼちぼち
紹介しています。
FC2ブログへようこそ!

T.S セレクトショップ
トレジャースポット 和心満載のショップ 出来ました。
カテゴリ
いつもお世話になります。
フリーエリア
いつでも里親募集中
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ミニカーブログ
ジオラマ・ガレージを 整備工場や販売店に、 観たてて、 ミニチュア・ラリーカーを、 中心に、ご紹介しています。
Garage Turini セレクト
ガレージ チュリニの 模型・時計など 車関連ホビー商品の ショップ出来ました。
A8.net
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR